フリーランス彼女のまあず

多様な社会実現に向け「働き方」を中心にためになる話を配信

400円で老後の年金が増える?お得な年金制度「付加年金」とは

f:id:marsland:20210930211029p:plain

こんばんは。

フリーランス彼女のまあずです。

今日は、私がお金の勉強を始めた際に一番初めに知った「付加年金」という老後役立つ制度についてご紹介いたします。

 

フリーランスはお金の勉強をするべき

f:id:marsland:20210930211142p:plain

会社員時代、私は面倒くさがり屋の性格のため、月々の給与明細の詳細すら確認をしていませんでした。投資や株・税金などといったお金に関する話がとにかく苦手でずっと避けて生きてきました。

しかし、独立しフリーランスになった際、お金の勉強は避けては通れない道であり、老後の資金調達は勿論、節税して豊かな生活を送るためや、病気や事故で何か自分に起きた際のためなど、お金の勉強をしていたか否かで人生が一変すると今は思っています。

そこで、お金の勉強を始めた一番最初に私が知った「付加年金」という国の年金制度について今回は紹介いたします。

日本の公的年金の種類

f:id:marsland:20210930211241p:plain

日本の公的年金制度はには主に国民年金厚生年金があります。以下にてその二つの詳細を解説いたします。

国民年金:満20歳〜60歳までの日本に住む全ての人が加入可能

f:id:marsland:20210930211322p:plain

フリーランス・会社員にかかわらず日本に住む全ての人の加入が可能です。所得に関わらず支払う金額は定額で、支払い困難な方においては支払猶予や免除が可能となります。

厚生年金:公務員・私学教職員・会社員が加入可能

f:id:marsland:20210930213536p:plain

厚生年金は公務員・私学教職員・会社員の加入が可能な年金となり、リーランスや自営業の方の加入は不可となります。

支払う金額は所得によって異なり、厚生年金の半額は勤務先の企業が負担をし、残り半分が給与から天引きされます。

フリーランスは受給できる年金額が低い

f:id:marsland:20210930211716p:plain

会社員の場合、国民年金と厚生年金の両方に加入することができ、且つ厚生年金では企業がその半額を負担してくれるため、フリーランスよりも多くの年金が受給できることがわかります。

自ら進んで年金を増やす工夫をしなければ、フリーランスに給付される国民年金だけでは生活が苦しいと考えられます。

今後年金の受給額は減っていくの?

f:id:marsland:20210930211843p:plain

今若い世代で年金を払わない方が増えています。その主な理由が、将来年金が少なくなり、もしかしたら貰えない可能性が有るかもしれないという噂によるものです。

将来のことのため、正確な未来を当てることはできませんが、厚生労働省が今現段階(2021年9月)に発表している内容を元に、今後の年金制度について解説します。

公的年金の仕組み

f:id:marsland:20210930211952p:plain

公的年金は、賦課方式」という方式で成り立っており、その時の現役世代が納める金額を元に年金受給者に年金が給付されています。

将来払った年金が戻ってこない可能性はある?

f:id:marsland:20210930212106p:plain

少子高齢化の時代となり、老後私たちを支えてくれる世代が納める金額では成り立たなくなり、将来もらえなくなるのではという話題もあります。

しかし、厚生労働省によると、給付水準が下がる可能性は高いが、保険料の引き上げや積立金の活用により給付水準が下がりすぎないようになる予定と発表されています。

年金で支払った金額を個人に返金することがなく、国が年金給付を廃止するといったことは考えにくいため、自分自身で年金分を賄えるよう、しっかりと貯金を行うか、資産運用などを活用し、将来の自分の資金を確実に集めることができる自信がない限りは、私個人としては年金に加入していても損することはないのではないかと考えています。

老後の不安解消!フリーランスにおすすめの「付加年金」とは

f:id:marsland:20210930212240p:plain

しかし、受給できる年金額が下がる可能性もあり、少しでも年金額を増やす工夫をしたいものです。そこで、月々の支払いが安く、かつお得な「付加年金」という制度について紹介いたします。

付加年金とは、国民年金に月々400円追加して納付することにより、老後の受給額を増やす制度です。

付加年金の年間受給額は、200円×付加保険料納付月数であり、払った金額が老後戻ってくる制度ではありません。詳しくは以下計算例をご覧ください。

日本年金機構URL:

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo/20150331-03.html

付加年金の計算例

f:id:marsland:20210930212342p:plain

例えば、20歳から40年間付加年金を支払った場合、以下の計算になります。

支払う付加年金額:400円 × 納付月数480か月(40年)= 192,000円

年間受給額:200円 × 納付月数480か月(40年)= 96,000円

2年で払った金額の元が取れる

f:id:marsland:20210930212429p:plain

上記計算例から見てわかるように、付加年金は老後2年で支払った金額の元が取れる仕組みとなっています。

40年間の支払い金額合計=192,000

老後2年間の受給額 96,000×2=19,2000

付加年金の加入条件

f:id:marsland:20210930212541p:plain

付加年金には加入できる条件が限られています。ご自身が加入可能な条件に当てはまっているか確認をしましょう。

付加年金に加入可能な人

f:id:marsland:20210930213358p:plain

付加年金は、国民年金第1号被保険者又は65歳以上の方を除く任意加入被保険者が加入することができます。

つまり、フリーランス・自営業・学生の加入が可能です。

付加年金に加入不可な人

f:id:marsland:20210930212757p:plain

しかし、公務員・会社員などの国民年金第2被保険者の方やその扶養に入っている家族は付加年金の加入が不可となります。

付加年金の納付辞退の方法

f:id:marsland:20210930221324p:plain

付加年金の辞退には付加保険料納付辞退申出書の提出が必要になります。

付加年金加入のメリットとデメリット

付加年金の制度について以上で解説いたしましたが、詳しく、フリーランスが付加年金に加入するメリットとデメリットを以下で解説いたします。

老後の資金が増える以外にもたくさんのメリットがあるため、是非チェックをしてください。

付加年金のメリット

f:id:marsland:20210930213629p:plain

付加年金に加入するメリットは以下3点が挙げられます。

  • 確定申告で所得控除が受けられる(節税ができる)
  • 老齢年金の繰上げをした際付加年金の繰り上げも可能
  • 少ない支払いに対して受給額が多い

まず、通常の国民年金同様、付加年金も所得控除が受けられるため、老後の資金集めをしつつ、節税ができます。また、老齢年金の繰上げをした場合、付加年金の繰り上げも可能なため、そこの心配の必要がありません。

また、上記でも記載しましたが、月々400円と、コーヒー1杯ほどの金額を月に1度払うだけで、老後の年金がかなり増えます。少額で済むため、今金銭面に自信がない方でも継続して支払うことが可能になり、かなり良心的な制度なのではないでしょうか。

付加年金のデメリット

f:id:marsland:20210930213721p:plain

付加年金に加入するデメリットは以下2点が挙げられます。

  • 67歳未満で亡くなった場合残りの支払った金額が戻ってこない
  • 年金受給前に亡くなった場合支払った金額が戻ってこない

支払った金額は全て、付加年金を受給するまで戻ってくることはないため、その点は注意しないといけません。

早めに加入すればその分お得!今すぐ付加年金に加入しよう

f:id:marsland:20210930215826p:plain

付加年金は老後2年で元が取れる非常にお得な年金制度です。早めに加入することで受給できる年金額が増えるため、加入するのであれば早めが良いでしょう。

また、こちらの情報はあくまでも私が個人的に調べた内容であるため、詳しくは厚生労働省日本年金機構に問い合わせ、もしくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

 

 

参考URL

日本年金機構HP:

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo/20150331-03.html

厚生労働省URL:

https://www.mhlw.go.jp/nenkinportal/chapter2/topic03.html